夏の季節は日差しが強く暑い日々が続きます。
水着を着て、海やプールに行く機会もあるかと思います。
肌は一日中紫外線を浴び、汗をかいてしまいダメージを受けてしまいます。
ダメージを受けた肌はアフターケアをしても中々修復しづらいです。
他の季節と比べて、肌は3歳も老けてしまうというのです。
そうならないためには、ダメージに対する防御対策が必要です。
この機会に防御ケアを覚えてお肌をダメージから守ってあげて下さい。

起きたらお日様を浴びよう

夏の時期は、夏祭りなどのイベントやフェスに参加することもあるかと思います。
また、暑さの影響でなかなか眠れずどうしても睡眠不足になることもあるはずです。
朝起きたらカーテンを開けて、お日様を浴びるようにして下さい。
そうすることで「眠るためのホルモン」をリセットすることが出来ます。
朝の時間帯は、フェイスマスクを顔にのせて保湿と共に水分補給をしてあげてください。
ベタベタするからやりたくないといって何もしないでいると、肌の乾燥が進んでしまいます。
太陽から浴びる紫外線対策もとても重要となります。
外出する際には日焼け止めクリームは必要不可欠です。
特に長く外にいる日には、外出前に飲むサプリを使ってみて下さい。

汗を拭き取り、塗り直すことも忘れずに

日焼け止めクリームにはさまざまなタイプがあります。
SPFの数字やPAのプラスの数が多いものを選ぶようにしてみて下さい。
また、汗をたくさんかいてしまう季節は拭き取ることも忘れないでください。
肌の上に汗が残っていると、かゆくなってきたり肌荒れを招く要因となってしまいます。
常に低刺激の汗ふきシートを持っておき、汗をかいたら拭き取るようにして下さい。
日焼け止めクリームをしっかり塗ってはいても、摩擦や汗で落ちてしまいます。
3時間ごとまたは4時間ごとに再度塗り直すよう心掛けてください。
ファンデーションでSPFの表示があれば、それをメイクしなおしても大丈夫です。
メイクと同時に紫外線を防ぐファンデもあります。

冷たい飲み物は控える

正午の時間帯からは太陽が真上にあるため、最も紫外線を浴びてしまうことになります。
暑さに負けてついつい冷たい飲み物を飲んでしまいがちです。
ですが、冷えは肌がくすんでしまう大きな原因となってしまいます。
水を飲む時は常温のものを選ぶようにして、体が冷えないように気をつけてください。
15時を過ぎたら、保湿成分のあるミストを使って潤いを足してあげてください。
グローミストは一瞬で肌を潤してくれて、ツヤを出してくれます。
ミスティージェットは、美容オイルを含み良い状態の肌を保ってくれます。
外にいる時にミストを使えば、クーリング効果があります。
また、家にいる時でも油分のあるミストを使う事で肌を保湿してくれます。

食事・入浴も大切

夏の季節はいつもよりも食欲が無くなり偏食になってしまいます。
食事内容が偏ってしまうと肌にも良くないので、栄養バランスの整ったものを食べてください。
一日の終わりに入るお風呂はとても気持ちがいいものです。
クールダウンしてくれるものや、火照った体を和らげてくれる入浴剤で湯船に浸かって下さい。
シャワーよりも体が温まり新陳代謝が上がって肌のごわつき・くすみを防いでくれます。
暑い夏はいつも使っているアイテムから、美白効果を持つものに変えるのがベストです。
美白化粧品を使うことで、紫外線ダメージが残りづらい肌になっていきます。
就寝時間は同じ時間、スマホを切り6時間半から7時間の睡眠を取るようにしてみて下さい。

まとめ

夏はとても暑いので、紫外線を浴びてしまう確率がグンと高まってしまいます。
肌へのダメージを軽減するためにも、しっかりとした対策が必要です。
汗拭きシートで汗を拭きとる事や、日焼け止めクリームを塗る事も忘れないようにして下さい。
日焼け止めは数時間ごとに塗り直すようにして、日差しから守って下さい。
食欲の落ちてしまう季節ですが、栄養の整った食事をすることも大切です。
外出先でのケアも、室内での対策も重要です。