乾燥肌は1年中を通して起こるトラブル

乾燥肌は1年中を通して起こるトラブル

肌が乾燥するのは冬のイメージがありますが、肌の乾燥対策は1年を通じて行う必要があります。

例えば、冬の肌は暖房器具や空気中の乾燥に加えて皮脂の分泌量が少ないことが原因で乾燥肌になりやすくなります。

また、湿度が低いため、静電気を通しやすい体になっています。

静電気が起こるとビタミンやカルシウムなども美容に必要な栄養素も一緒に失ってしまいます。

さらに、静電気を起こしやすい体質の人は貧血や免疫力の低下・肩こりの原因になると言われています。

静電気や乾燥肌の予防としてはお風呂上がりの保湿ケアや外出時にはマスク・静電気予防グッズなどを着用して冷たい風や空気を直接肌に触れないようにします。

また、この時期は肌も敏感になっているため刺激のない洗顔が大事です。

特に目元や口元などは刺激や乾燥を受けやすい部分なので保湿効果のあるスキンケアをおススメします。

春の肌は冬に比べると寒さも和らいで乾燥肌も改善するように思われますが、春の紫外線が冬に弱った肌を傷つけてしまいます。

紫外線で肌の細胞が傷ついてしまうと水分の保つバリア機能が低下してしまいます。

そのため肌が乾燥してシワの原因になってしまいます。

なので外出時は紫外線対策を心がけることが大事です。

夏の肌は外出先での紫外線対策と室内での乾燥対策が必要になってきます。

この季節は湿気や汗で肌は潤っているように思われがちですが、大量な汗の中には塩分が含まれているためデリケートな肌にはトラブルの原因になります。

また、大量の汗は肌の水分も失ってしまうので乾燥肌になってしまいます。

特に外出先での大量の汗をかいて急激にエアコンで肌を冷やしてしまうと乾燥肌はどんどん悪化していきます。

夏の肌には保湿ケアはもちろん、紫外線対策もしっかりしなければいけません。

秋は夏に比べると湿度も低く気温も過ごしやすくなっています。

夏のように湿度がないので肌のベタつき感がありません。

しかし、肌のバリア機能は夏の紫外線のダメージで低下しているため敏感になっています。

コメントする