冬の乾燥肌、案外知られていない背中のかゆみ!!

冬の乾燥肌、案外知られていない背中のかゆみ!!

冬になると肌が乾燥して湿疹や痒みに悩む人がいます。

乾燥肌に悩んでいる人の中には加齢や生活習慣の悪化などが原因とされています

特にこの季節になると、湿度の低い室内では一日中ほとんど暖房をかけた状態で生活しています。

そのため、肌の水分が少なくなります。

朝たっぷり化粧水や保湿クリームを塗っていても昼過ぎには目尻や口元が乾燥して小じわが目立ってきます。

また、乾燥は顔に留まらず体にも痒みを伴う湿疹が出てくる人もいます。

特に背中が痒くなると手が届かなくてイライラしたり、痒い場所が移動してなかなか収まらない場合もあります。

背中は自分ではなかなか見えない場所ですが、掻きすぎて雑菌が入って湿疹や赤く腫れている時もあるようです。

その他にも、ボディソープや入浴剤・衣類などの外的な刺激で痒みが酷くなる人もいます。

さらに、アクセサリーやペットの毛などが原因におこるアレルギー性の皮膚炎でも痒みや湿疹の原因になります。

日頃、同じシャンプーやペットを触っても症状が出ない人でも乾燥する季節になると肌が敏感になるため悪化する人も出てきます。

寒い時期はコートや厚着をして暖房が効いている場所に行くため、背中に汗をかく人が多いです。

そのため背中に痒みを伴う炎症で悩む人もいます。

冬でも吸収性の高い肌着を着たり汗をかいた場合はこまめに拭いたり着替えることが必要になります。

顔のニキビはよく聞きますが同じ様に背中にもニキビができる人がいます。

特に思春期の人や若い人に多い悩みの一つに上げられます。

背中の皮脂が増えて炎症を起こしたり痒みを伴う場合がありますが、無理に皮脂を落とそうとして背中をこするとかえって、乾燥することになります。

汗をかいた背中はこまめに拭いて清潔な状態に保つことがかゆみや湿疹の予防になります。

コメントする