春や夏に多いニキビの原因?

春や夏に多いニキビの原因?

今年の夏は猛暑が続いています。

こんな季節は化粧するのも一苦労です。

外出するだけで汗が止まりません!!。

会社に着いて鏡を見てみるとほとんどのファンデーションは汗で流れて落ちています。

しかも顔のあちこちにブツブツしたものが・・・よく見るとニキビや吹き出物までできています。

とくに、暑い季節になるとなぜかニキビが酷くなる人がいます。

春や夏のニキビは大きくなる!?

しかも夏に出来るニキビは大きくて数も多いような気がします。

一旦炎症が起きたニキビはなかなか治りにくいです。

特に暑い夏にできたニキビや吹き出物はなかなか完治しません。

そもそもニキビの原因は皮脂の過剰な分泌により毛穴の奥が炎症してできたものです。

角栓によって毛穴が詰まり皮脂の出口でもある毛穴がふさがることで更に悪化していきます。

皮脂コントロール

なので余分な皮脂を抑えるためにスキンケアを心がける必要があります。

しかし、皮脂はニキビの原因なので毛嫌いされがちですが、肌にとっては天然の乳液とも言われています。

皮脂の量が極端に減少してしまうと肌は乾燥してしまい、シワや乾燥ニキビの原因になってしまいます。

正常な量の皮脂は分泌されても肌を外部の刺激から守ってくれて毛穴を詰まらせることがありません。

 

ビタミンCや抗炎症作用のある化粧水や美容液が効果的

しかし、夏のニキビは皮脂の分泌が多くなるため皮脂が詰まりやすくなるのです。

そのためニキビの原因でもあるアクア菌やブドウ菌の繁殖が盛んになるため毛穴に炎症が起きてしまいます。

また、夏は汗をかきやすい為、過剰な洗顔が原因で角質が剥がれやすくなります。

夏の肌のニキビ予防にはビタミンCや抗炎症作用のある化粧水や美容液を使うことで吹き出物の予防に期待できます。

コメントする