あなたのニキビ肌、ファンデーションでごまかしていませんか?

あなたのニキビ肌、ファンデーションでごまかしていませんか?

若い頃から暇さえあれば鼻のつぶつぶを潰していました。

気がついたときにはいちごのような鼻になっていました。特に小鼻の廻りには黒ニキビとその穴から白い脂のようなものが見えていました。

ニキビは思春期の象徴と言われていましたが、20歳を過ぎてもニキビの悩みは解決することはありません。更にTゾーン当たりが特に目立っていて酷い時は顎の辺りまで発症していました。

ニキビは自然には治りません。
症状が長引いていくと


ニキビ跡が残ってしまい、シミの原因になってしまいます。

特に膿を持ったニキビはついついニキビを潰して膿を出したくなります。現に私もニキビに膿が溜まっていると度々膿を出したくて潰していました。

中でも赤ニキビになると色素沈着したり、月の表面でみるクレーン状になっているほっぺたの女性もいます。ニキビ跡を隠すように厚化粧をしている人が時々いますが、ファンデーションを厚く塗ると肌に負担がかかってしまい更にニキビを悪化させてしまいます。

しかも、厚塗りのファンデーションはお肌の凹凸が目立ってしまうので逆効果です。特にTゾーンの厚塗りは夕方には崩れてしまうのでかえって汚くなります。

皮脂の多い肌の場合はしっかり洗顔をする必要があります。更に洗顔後は化粧水で保湿をしっかりして乳液で水分を閉じ込めるようにします。

ファンデーションを塗る前のスキンケアには時間をかけたほうが良さそうですね。

実際ニキビで悩んでいた時期は洗顔をしっかりしていました。朝の洗顔はもちろんですが、仕事から帰ってきたらまず、手洗いと同時にファンデーションも一緒に落としていました。

とにかくスキンケアには時間をかけて、洗顔は泡で優しく包み込むように洗っていました。

そしてしっかりそのあとは洗い流していました。1ヶ月ほど続けていると、ボールペンの先くらいの黒い毛穴が薄くなって小さく塞がっていました。

そのあとのスキンケアもしっかり時間をかけているといつの間にか肌の潤いが一日中続くようになりました。
以前は化粧しても午後からは肌にゴワゴワ感があったのが今では嘘のようです。やはりスキンケアは大事ですね・・・