クルマを処分したいんだけど、業者はどこに頼めばいい?

廃車買取り業者選びで失敗すると、お金を損するだけではありません。事件やトラブルに巻き込まれる可能性もあるので特に注意が必要です。

現に、過去これまで廃車したはずのクルマがきちんと廃車されずに事件に関与してしまったケースや、年度が切り替わる4月1日まえに廃車したにもかかわらず、自動車税の請求がきたというトラブルに巻き込まれてしまうケースがあります。また


そのようなことはなくても、自賠責保険や自動車重量税について詳しい説明もなく、勝手に取得されてしまうケースがあります。これら税金関係は、本来、車検毎に2年に1度、徴収されますが、廃車した場合、全額ではありませんが通常、所有者に還付されます。

でも、そんなに大した金額じゃないんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、最大、6万円~10万円程度になるケースもあるので、決して数千円程度の問題はありません。

車検までの期間が短くなればなるほど、還付金も少なくはなりますが、1年以上残っている場合、それだけでも3万円以上になるケースはよくあることです。

まだこれら税金の還付金について、しっかり説明があり、それを含めて、廃車の買取り価格が決まり、あなたが納得しているなら別ですが、何も聞かされずに委任状だけにサインし、無料で廃車できるなら良かったと思っていたら、大きな間違いです。

そのような廃車トラブルに巻き込まれないためにも、自動車解体業者選びや廃車買取り業者選びで損をしない方法をしっていた方が良いでしょう。買取の査定・見積りを依頼する際には、きちんと処理している業者を選ぶことが重要です。

また廃車方法には一時抹消登録と永久抹消登録の2種類があります。この一時抹消と永久抹消の違いについても確認しておいた方が良いでしょう。