データピットのHDD復旧サービスの評判はどうなの?

ある日、突然、パソコントラブルが発生してウィンドウズ(WIndows)が起動しない。エラーメッセージが表示されるときはハードディスクのデータサルベージ業者に依頼すると良いでしょう。

パソコンは湿度や温度にも影響を受けますし、使っていればいるほど障害が発生しやすいものです。そのため、OSのバージョンに関係なくエラーは起こります。

例えば、ウィンドウズ7(WIndows7)やビスタ(Vista)でも、使用年数に関係なくトラブルが発生するときがあります。もちろんウィンドウズXPも使い続ければ何時かは壊れます。


定期的にデータのバックアップを取っていれば、イザと云う時には、パソコン毎、新品のものを購入したり、初期化リカバリーすれば良いのですが、バックアップをしてから大分、時間が経過していれば、その間のデータは諦めるか、ハードディスクのデータサルベージ業者に依頼するしか方法はありません。

でも、どこに頼んだら良いのか?そんな人にオススメなのが、ハードディスクのデータサルベージ業者比較サイトです。

業界の裏側から、よくある業者とのトラブル事例なども豊富で、あなたのデータサルベージ業者選びにきっと役立つでしょう。

今、特に人気なデータ復旧サービス会社がデータピット.comです。詳しくはコチラ ⇒ データピットドットコムの評判は?

独学でデータ復旧をすると,ミスした時のデータ消失リスクは格段に上がる

復旧したいデータがある場合,それを専門としている業者に依頼するのが得策となりますが金額としてはとても高くなります。すこしの復旧であっても,数万円で済むならまだいいほうです。
特にBuffalo製Terastation及びLinkstationが機械的に壊れてしまった重度障害にあたる物理障害だと500,000万から700,000円になる場合があります。RAID5構成で内蔵ディスクが4台以上あると100万円越えも珍しくありません・・・。

その反面,自分自身で‘データ復旧作業’を行える10,000円程や無料のソフトがあります。しかし,こういった復元ソフトを使って独学でデータを復旧させられるのか気になるところです。

結論から言えば‘障害の程度ではデータを復旧させる事は可能です。例えば、データを削除してゴミ箱を空にしてスグであれば、かなりの確率で復元ソフトが有効です。

問題なのは、もしミスしてしまうと,復旧業者へ依頼しても復元不可能となってしまうほど破壊されない’事です。年間数百件も、自分でデータ復元ソフトを使用して、逆にデータを破壊してしまうケースがあります。

「自分の手でデータ復元ソフトを使ってみましたが使い方を間違えてデータを上書きする事態となってしまいました」といった悩みや相談が多いのです。

このような状況になると,データ復旧を専門とする業者であっても復元は無理です。元データが損傷してしまえば、データ復旧業者でも壊れたデータしか抽出できません。

また注目すべきポイントは,女性の場合慎重に操作をするので、自分で誤った操作をしてしまったという相談を受けないことです。つまり,誤った操作をしてしまうのはそのほとんどが男性という事になります。皆さんの中に男性がおられたら、データを消してしまっても大丈夫かどうか、バックアップデータを目視で確認しておいて下さい。

失くしたくないデータであれば,データ復旧業者へ一任さた方が無難です。

とくにお子さんが誕生してからビデオカメラで撮影・録画した動画だったりデジカメで撮った写真或いは仕事で蓄積してきたものや累積研究データなどあるはずです。時間は元に戻せないので、一度失えば二度と手に入りません。

もし消えてしまったとしても,仕方がないと諦める事のできるデータであれば自身の手で復旧してみるのもひとつ学ぶ事になり経験のひとつとなりますが、そうした覚悟を持って作業をするとなっても,注意事項をしっかりと覚えておいて下さい。

ネットの使用は最低限に

復旧作業が始まったら,ネットへ繋がないようにしてください。メールも厳禁です。

PCはネットを見ている間キャッシュファイルという一時保存ファイルをユーザーがみえない場所で作成するので復旧データへ上書きされ破壊される可能性があるからです。もし上書きされてしまうと,データは完全消失となり簡単には復元できないのです。何かしら検索したいと思った時は他のPCを使って操作して下さい。

自分でアレコレ試すなら

ミスをしてしまえばデータが消えてしまう恐れがありますそうなっても大丈夫なデータを復旧するようにして下さい。

メールの使用をするならウェブメール

Yahooメール・ジーメールといったいわゆるフリーメールであればいいですが,OutlookExpressなどのメーラーを使ってメールを送受信しないようにしてください。

パソコンの操作は最小限に

4.PCを使ってExcel・Wordを開いてOfficeデータを作らないでください。
ネットにつないだときと同じリスクを伴います。

復元先を間違うと致命的

修復終了後の復旧データは別のHDDへとUSB接続を行って格納するようにして下さい。復元しようとしているデータのあるハードディスクへ復旧させないでください。

データ復元ソフトは障害発生前に

データ復元ソフトは必ず前もってインストールしておいて下さい。もしインストール作業を行っていない時は,インストールを必要としないソフトを使って下さい。

障害メディアの保管

.最終段階として,障害の発生したHDDは半年~1年の間しっかりと保管しておくようにして下さい。
データを全部復元できたと早とちりして,後々復元されていなかったと気付いてしまう事例が多々あります。これらは、復旧をしていく段階で発生する問題としてよく見受けられるので要注意です。

重要なのは,データの入っていたHDDを再度利用したり処分しないように,別の場所へ保管するようにしておく事です。

データ復旧を独学で行う場合はこうした注意事項を覚えておいてしっかりと把握してから行うようにしてください。

大切なデータを誤って失くさない様にする為にとても大切です。