ニキビの予防には、まずは食生活の改善から

にきび(ニキビ)を予防するには食生活から見直しましょう。

油分の多いお菓子、揚げ物はニキビの天敵です。

私はフライドポテトが大好きなのですが、食べ過ぎると効果的面にニキビが・・・

炭水化物

炭水化物の代表的な食べ物はお米やパン、麺類です。炭水化物は消化されると糖分に分解され、その糖分が油分に変り皮下脂肪として蓄えられます。そのため炭水化物を食べ過ぎると皮脂の分泌が多くなるのでにきび(ニキビ)となる可能性があります。

炭水化物の中でもにもニキビになりやすい食べ物がいっぱいあります。

デザート・甘い食べ物

果物デザート・ケーキやチョコレートなどの糖分が多い食べ物は、消化されると糖分から油分に変り、皮脂の材料になります。なるべく我慢して食べ過ぎないように気をつけましょう。

てんぷら・油分の多い食べ物

油で揚げた物や動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を増やすのでニキビにも、健康にも注意が必要です。油分の多い、揚げ物を控え、魚などの魚介類を食べる事が大切です。またナッツ類やスナック菓子は油分を多く含むのでにきび(ニキビ)の天敵ですので、おやつは控えたほうがよいでょう。

辛い食べ物

辛い食べものは内臓を刺激したり、胃が荒れたりしますので、胃腸の弱い人や、にきび(ニキビ)のできやすい人は控えた方がよいでしょう。

海草類

海草に含まれるヨウ素は甲状腺ホルモンをつくる必須のミネラルですが、ニキビを悪化させるようです。ヨウ素はニキビ(にきび)を作る原因といわれていますので、とりすぎには注意しましょう。

アルコール類の摂取

アルコール類はにきび(ニキビ)の原因になる糖分を多く含み糖や皮脂の代謝を促すビタミンB郡を大量に消費します。飲み会などで夜遅くまで深酒をすると当然内臓への負担も大きく、生活のリズムも崩れてしまい自律神経や副交感神経に悪影響を及すので、注意が必要です。

タバコの喫煙

タバコの喫煙も皮脂の代謝を促すビタミンB郡を大量に消費しますので、肌の健康には悪影響ですので注意が必要ですが、私はタバコだけはやめられないので、食生活、サプリメント、化粧品、運動で、にきび(ニキビ)対策しています。