にきびはストレスによる腸内環境の悪化が原因かも?

私たちの生活の中には、加齢や偏った食生活・ストレス・肉体疲労など、善玉菌が減少し腸内菌叢のバランスを崩す要因がたくさんあります。

学校、職場での人間関係など、本人が気づかないのに体はストレスを感じていることがあります。


ストレスは内臓環境を悪化させます。
特に腸内では顕著で、ストレスの影響を受けると悪玉菌が増殖し、腸内環境を悪化させます。

腸内環境が荒れてしまうと、肌荒れやニキビの原因となり、特に口の周りにニキビができやすくなります。

口の周りにニキビ(にきび)ができやすい人は、まず腸内環境の悪化が原因である可能性があるので、ヨーグルトや納豆を毎日、積極的に食べていきましょう。

またゴボウ、海藻、キノコ類、イモ類に豊富に含まれる食物繊維も腸内を浄化して、ビフィズス菌の増殖を助けてくれる力強い味方なので、合わせてサラダやお味噌汁にして食べてみてはいかが?

私は、毎日、納豆かヨーグルト、キノコ、海藻類を食べていますが、食べるようになってからは口の周りにニキビ(にきび)はできづらくなりましたヨ。

ホントにお勧めです。

コメントする