にきび予防はまずは内臓!食生活から

私たちの生活の中には、加齢や偏った食生活・ストレス・肉体疲労など、腸内の善玉菌が減少し腸内菌叢のバランスを崩す要因がたくさんあります。

腸内の善玉菌が現象すると肌荒れやニキビの原因になります。


日々、仕事のストレス、学校や職場での人間関係の悩みなど、ストレスは胃腸に影響を及ぼして、腸内の善玉菌が現象し、悪玉菌が繁殖してしまいます。

悪玉菌が腸内に増殖すると、肌荒れやニキビの原因になるだけではなく、様々な体の器官に影響を与えます。
そんなストレスにも負けない腸内の環境を整えるには納豆やヨーグルトが有効です。

人の腸内には100種類、100兆個の細菌がすんでいて、それらは善玉菌、悪玉菌、日和見菌と大きく3種類に分類され、人の健康に様々な影響を与えていますが、乳酸菌は善玉菌が優勢な状態に保ってくれます。

ヨーグルトを食べると含まれている乳糖が腸内にいる乳酸菌のえさになるので、腸内の乳酸菌の全体量を増やすことになります。

腸内菌叢のバランスが健全で、善玉菌が優勢な状態であれば、免疫力も高まり、またそれらがつくり出す多量の有機酸(乳酸、酢酸)によって、腸内は酸性になります。

その結果、酸性に弱い悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内腐敗が防止されるのです。

またゴボウ、海藻、キノコ類、イモ類に豊富に含まれる食物繊維も腸内を浄化して、ビフィズス菌の増殖を助けてくれる力強い味方です。

腸内環境を正常に整えて、体の中から綺麗に、そしてニキビ(にきび)の予防をすれば、日々のニキビの悩みから開放される日も近くなります。

私は納豆を中心にヨーグルトも食べていますが、本当にニキビ(にきび)がなくなっただけではなくて、肌も綺麗になってきました。

ホント予想以上の効果がありますヨ。

コメントする