にきび予防とβ-カロチン

ベータカロチン(ビタミンA)はお肌の基底細胞の分裂を活発にしてお肌のキメを整えるのに必要なので、ニキビ改善にも役立ちます。


カロチンの種類には、β(ベータ)、α(アルファ)、γ(ガンマ)の3種類あり、緑黄色野菜に含まれる、カロチンはβ-カロチンです。

このβ-カロチンは、体内に入ると、必要量だけビタミンAに変換され、残りは体内に蓄積されます。
ビタミンAが不足すると、明るいところから暗いところに入ったときに目が慣れるまで時間がかかるなどの視力障害が起こるといわれています。

また、ビタミンAには、胃腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作る役割があり、不足すると、肌荒れ、ニキビにもなりやすいのです。

β-カロチンは、活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があるので、ニキビで悩んでいるのなら野菜や野菜ジュースで積極的にとった方がよいでしょう。

ちなみに私は毎日、野菜ジュースを朝昼晩と飲んでいます。
肌の調子もいいですよ。
野菜ジュースと納豆はニキビ(にきび)ケアには最強の組み合わせかもしれません。

一緒に取るとまずいので注意が必要ですが・・・

コメントする