背中にきびの原因で多いのが下着の締め付け過ぎです

ある日急に、背中に激痛が走る・・・。

背中にきび(ニキビ)です・・・。

気づくのが遅れて症状が悪化しやすいのが、背中にきび(ニキビ)の特徴です。


背中にきび(ニキビ)の原因には、フラジャーなどの下着による締め付けがあります。

バストを無理に強調しようとすると、どうしても下着を着つく身につけることになります。

ブラジャーの繊維の多くは、化学繊維なため、夏などの場合、汗をかいても下着に吸収されずに、汗が溜まったままになります。

不衛生な状態でいると、毛穴の中で細菌が繁殖しやすくなり、背中にきび(ニキビ)の原因になるのです。
できれば化学繊維ではない下着を選択しましょう。

また締め付けすぎないようなサイズのブラジャーを選び、背中にきび(ニキビ)対策をしましょう。

尚、背中にきびができやすいのは、背中には、顔と同じように毛穴や皮脂腺が多いからです。

顔は毎日、鏡で見ることが多いので、にきびができたらすぐに分かり、ケアすることができますが、背中は普段あまり見えないので、背中にきび(ニキビ)にはどうしても気づきづらく、にきびが悪化してから気づくというパターンが多いのです。

化粧水やローションといった手入れに関しても、背中は顔より気が回りません。

なので、下着や寝具、体を洗う時など普段から背中にきび(ニキビ)ができづらくなるように清潔をこころがけましょう。

コメントする