にきび(ニキビ)ができてから、つぶしたりしたにきび(ニキビ)痕の治療は大変難しくなってしまいます。皮膚が傷つき、陥没してしまっている場合は、表皮の細胞のターンオーバーが出来なくなっています。

そうなってしまうと、そこだけ肌が陥没したまま、デコボコの肌になってしまいます。陥没してしまうと、もはや飲み薬や、塗り薬では治りません。


尚、ケミカルピーリング等の治療で、細胞のターンオーバーを正常化させる効果によって改善されることがあります。陥没の大きなものであれば、コラーゲンの局所注入やレーザー治療などでも改善される場合もあるので、皮膚科や美容整形の医師によく相談してみる必要があります。

レーザー治療

co2レーザーについて

co2レーザーはにきび(ニキビ)跡治療では代表的なレーザーです。尚、 にきび(ニキビ)跡の治療としてco2レーザーの治療を受けた後に、ほてりや赤みが残る期間が1~2ヶ月あります。また2回、3回と繰り返し治療を受ける必要があります。

クールタッチレーザーについて

クールタッチレーザーは真皮上層の線維芽細胞を刺激することによりコラーゲンの生成を促し、にきび(ニキビ)跡に効果を発揮するレーザーです。料金は他のレーザーと比べて比較的安価ですが、効果を実感するにはco2レーザーと同じように複数回受ける必要があります。

クリアタッチについて

クリアタッチレーザーはにきび(ニキビ)の原因になるアクネ菌に低出力のレーザーを照射することによって活性酸素を発生させ、アクネ菌を殺菌することによってにきび(ニキビ)の発生を防ぐレーザーです。

尚、クリアタッチレーザーはクールタッチレーザーと同様に表皮を傷つけることなくにきび(ニキビ)の治療ができ、繰り返すにきび(ニキビ)にも効果を発揮するので、胸部や背中などの広範囲の治療も可能です。

Vビームレーザーについて

Vビームレーザーは皮膚の赤みの原因になる毛細血管を破壊することによって、赤アザやにきび(ニキビ)跡の赤みの改善治療に用いられるレーザーです。